総合建設業のご案内


このページの目次





新築住宅からリフォーム・曳き家工事まで

これからも、皆様と共に前進します。



事業案内

新築設計施工

最新注文住宅へ
数々の施工棟数があります。
もっと詳しく

曳き家工事

おすまいのままで
リフォーム(増改築)土地有効活用
もっと詳しく

嵩揚げ工事

お住まいのままで
浸水の防止・リフォーム(増改築)
もっと詳しく


狂い直し工事

お住まいのままで
液状化での建物を矯正する

スノーダクト点検清掃

一度は点検しましょう!
スノーダクト屋根の現状は?

擁 壁 工 事

傾斜され亀裂の入ったブロック塀
強い地震、集中豪雨の場合に一気に崩壊します。



大手企業?それとも・・・
















すべてが出来る工務店

伝えたい事

伝えたい事
●まず、マイホームプランを作成するためにお考えされるのは住宅用地の確保や資金計画、間取りとその使い勝手、又は将来にわたる住環境などと多岐にわたります。そして注文住宅であれば大手企業?それとも規模は小さくとも永年に亘り地道に地域で信頼を得た工務店にするのか?その選択をどう決めたら良いか?・・大手企業は安心?・・その神話は絶対的ではありません。
伝えたい事








伝えたい事


▼大手企業とでは、確実にその差を実感できます。

 勿論、展示場などへお出かけになり、大手企業係員の説明などをお聞きするかと思いますが、殆んどの展示場にある設備や、仕様は弊社でも施工できる内容であり、そして大部分の大手企業での新築工事は下請け工務店などに丸投げします。中間業者が介在すれば、するほど、見積もりが割高になります。
 また、”ローコスト住宅”を謳っているハウスメーカーなどの工事では、トラブルや弊害なども多く聞かれます。住宅は単に見積り価格が低いのでお得だとは、限らないのです。将来にわたり、頑丈で安心できる新築住宅を得るには、強度や使い勝手など、その対応ができる建築部材使用・作業工程は欠かせないものです。

過度な宣伝費用も、見積もりに反映しています。

 更に、ご存知のように、大手企業の派手な広告宣伝費やそれに付随する経費、その他の諸費用は想像を絶するものがあります。それらも含めて大手企業は契約時、見積もりに反映させるので、割高になります。当然、見積書にはその項目はありません。


小規模企業だからできる、違いを説明します。



「品質を落とさず建て主様のご負担を抑える」これが弊社のスタンスです。

●施工管理は、全て弊社の建築管理技士が行います。
●新築住宅をお客様にお渡した後も、相互信頼で末永くお付き合いをさせて頂いております。
●アフターサービスは、大手企業と違い常時、スムーズに対応しております。
(いくら、連絡しても、なかなか来てもられない等の不誠実な対応をしている大手企業がある事も、少なからずに聞かれます。)
※大手企業との見積もりでは、確実にその差を実感できます。
※小規模であるが故に、小回りの利く対応ができます。
※利用実績はありませんが、瑕疵保険加入済 
JIO我が家の保険へリンクする。 我が家の保険ダウンロード


新築のご相談から竣工まで

裏打ちされた技術を駆使して

●裏打ちされた技術を駆使して

新築から施工まで

お客様のご希望プランにお応えします。

●ご希望のプランにお応えします。



















マイホームプランを実現する。

マイホームイメージの作成を!

マイホームイメージの作成を!

マイホームイメージの作成を!・・・・・ 

 可能ならば、ご自分の使い勝手やライフワークにマッチした。お住まいの概略間取りをご家族皆様で、作成されてみてはいかがでしょうか?その中で疑問点などが出た場合には悩まずに!弊社にお問合わせをしてより良い納得プランを作成しましょう!・・・

新築のご相談から竣工まで


概略平面図を作成してみましょう!

▲ラフ・図面上に家具、調度品などの大きさを紙で切り抜き、それを貼り付けて全体イメージを掴みましょう!

▲室内のコーディネートは、悩ましい課題です。出来るだけ統一感のある色彩選択をすると、飽きの来ない雰囲気が出せます。

※室内コーディネートは、建主様の美的感覚にお任せしますが、どうしても躊躇する場合は、アドバイスをさせて頂きます。

▼建築予定地の事前調査は必須条件です!

●新築計画予定地の建蔽率・容積率、地型なども含めて地盤の調査も重要ポイントです。新築用地を取得する際のご相談やアドバイスなどをご要望でしたら、ご不明点や疑問なども併せて弊社がアドバイスをさせて頂きます。

●注文住宅工事内容はこちらから、ご覧下さい。
注 文 住 宅 Ⅰ へ 注 文 住 宅 Ⅱ へ 注 文 住 宅 Ⅲ へ 注文住宅・完成へ

ご相談から新築までの流れ

新築のご相談から竣工まで





リフォーム工事前の留意点は?

リフォーム工事前の留意点は?

法令などの事前確認があります。
 建築基準法や、地域の条例などの制限を受ける場合があります。床面積が10㎡以上増える場合の増改築は民間の建築確認検査機関への確認申請書を提出します。マンションの場合は、管理組合などへ届出義務や承認を得る場合もあります。

耐震調査も必要な場合が・・・
 建物の築年数が古い場合は、現行の耐震基準を満たしていない「既存不適格建築物」である可能性があります。その古いままで、増改築されると建物全体の耐震バランスが統一されていないアンバランスな建物が出来上がってしまいます。場合によっては事前に耐震調査を依頼し、必要であれば既存部分の耐震補強を行いましょう。

出来る限り、コストダウンの対策を
 土地や住宅の状況を事前にチェックするのと同時に、リフォーム会社の選定や、どこをどのように優先順位などを決めてリフォームするか、そしてどれくらい費用をかけるのか・・・という点についても熟慮する必要があります。また、◎過剰な工事項目・仕様などがないか?も留意点です。●「住まいに関する主な支援制度」(札幌市の場合は)・・・その他


アイディアを活かすご提案を

アイディアを活かすご提案を


その他のリフォーム実績工事
ほとんどのメーカーが対応可能です。

●住宅設備機器の取扱いは、ほとんどのメーカーが対応可能です。

台所・浴室は、パナソニックへタカラスタンダードへクリナップへトイレは、TOTOへイナックスへをメインメーカーとしています。その他、ナスラックへなども取扱いしております。ほとんどのメーカーが対応可能です。

ダクト工事

●住宅密集地での隣地トラブル解消・雪害対策もご検討下さい。


5つのご安心対応

営業日のご案内

営業日のご案内

●お電話での受付時間は(日・祝日・年末年始・夏期などの特別休業日を除く)月~土曜日の9:00~17:00までとさせて頂きます。
●業務内容を詳しくお知りになりたい場合はお気軽に お問い合わせ 下さい。



同業他社とは違う、リフォーム計画

選択肢の拡がりは、可能な計画を充実させます。


嵩揚げで、店舗・住居などの多目的な活用を


嵩揚げ工事の概略説明

※更に、詳しくは、こちらの嵩揚げとは?

▼嵩揚げ工事、お客様のご依頼内容は・・・

住宅地下の活用、用途として・・・
●大雨での床上浸水を防ぐために嵩揚げを!●雨水が半地下車庫に流入するので嵩揚げで解決したい!●地盤沈下で住宅の傾きを直したい!●一階を車庫にして二世帯住居としたい!・・●簡易防空壕(シェルター)●※その他、etc・・・嵩揚げリフォーム工事のご要望は、多岐にわたります。


嵩揚げ・曳き家工事は、建物に負荷をかけない工事です。
 しかし、この工事に対して「建物が弱くなる」と言った全く間違った根拠のないアナウンスがされています。これは、この様なリフォーム工事の選択肢を持たない、できない工務店サイド側からの悪意ある宣伝に過ぎないものです。むしろ、嵩揚げなどをする事で改めて建物の内容が解り、その為の補強個所や改善ができて、より永く建物が管理できます。そして、新築より低価格設定でリフォームができます。●弊社が、昭和42年に曳き家工事をした住宅が50年を経過した現在、(平成30年)でもお住まいをされています。こちらから、ご覧下さい。・・・弊社は、短絡的に「新築を!」とはお勧めしておりません。幅広く可能な限りのリフォーム工事の選択肢をご提案をさせて頂いております。


曳き家で敷地の有効活用、文化財の保存を!


曳き家工事の概略説明

※更に、詳しくは、こちらの曳き家とは?

▼曳き家工事、お客様のご依頼内容は・・・

●移動して店舗スペースを確保したい!●敷地内の移動で、二世帯住宅・駐車場スペースを確保したい!●神社・仏閣・歴史的建造物を移転したい!●陽当たり確保のために向きを変えたい!●都市計画・土地区画整理事業などで住宅が障害対象となり、移転工事のご依頼!●その他、etc・・・

◎嵩揚げ・曳き家工事は、廃材も少なく・環境にもやさしいリフォーム工事です。

●空き家・古民家を所有されている場合には、

売却か?解体更地か?それとも再生・その他への転用(ゲストハウス等)か?・・・固定資産税、支払継続の中で悩ましい課題があります。

●再生・転用のご計画をお持ちでしたら 、アドバイスも含めてご提案をさせて頂いております。

※建物の現況により、オーナー様と再生、転用を共に検討して、場合によっては、住宅狂い直し・嵩揚げ・曳き家なども含めて弊社の幅広いリフォーム技術をご説明させて頂きます。


ご相談内容と実績

リフォーム計画の疑問には

▼ご相談内容と実績

●新築住宅・設計・施工

①弊社、担当者が建主様のご計画をよくお聞きしてコンセンサスを得た上でプラン作成のお手伝いをさせて頂いております。

●住宅のバリアフリー化

①室内床の段差解消
②手摺の取り付け
③玄関前スロープ
④トイレ・浴室の車椅子利用

●空き家の維持管理・活用

①防犯・防火対策
②庭の手入れ
③冬期間の雪害対策
④その他に転用活用のご提案

●住宅リフォーム

①外壁サイディングの貼り換え・外壁塗装
②シャワートイレの交換
③システムキッチンの交換
④天井・壁クロスの貼り換え

●暖房のランニングコスト低減化

①窓サッシ(強化樹脂)の交換
②外壁、床下断熱材の施工
③給水管の赤錆び老朽化対策
④玄関風除室の増室

●嵩揚げ・曳き家で(敷地活用)

①階下車庫や店舗・事務所など、
②一般木造住宅の移転・土台揚げ
③鉄筋コンクリート造り建築物移設
④石造り記念碑・神社・仏閣の移設

●屋根、落雪でのトラブル

①隣地とのトラブル対策を検討します。
②雪止め取り付け可否を調査します。

●お住まいの耐震診断

①耐震補強個所の調査をします。
②耐震補強工事施工 詳しくはコチラから

●門扉、塀・擁壁の崩壊防止

①傾斜の塀をコンクリート仕様に
②アプローチデザインのコンクリート塀

ご計画がありましたら、ご相談を承ります。


どんな小さな工事でも対応します。

●ご要望に沿った施工を実現します。


直営だから、こそ可能なお見積り

小規模企業だから可能な見積りができます。

●リフォーム工事では、

 折角にもリフォーム工事が完了して、高ければ、損をした気分になり、安ければ手抜き工事をされたのでは?・・・と、そんなご経験はございませんか?不信感が払拭されないのは残念な事です。

  ◎リフォーム工事会社(工務店)の6つの選択ポイント

6つの選択ポイント

   自社施工(直営)の会社なのか・・・

   望んでいるような技術力があるか・・・

   工事の見積が予算に合うか・・・

   担当者は相談しやすい人物か・・・

   約束を必ず守ってくれる信頼感があるか・・・

   工事が終わったあとも何かと相談に乗ってくれるか・・・

●リフォーム費用を節約するには・・・

  自社施工(直営)の会社を選ぶのがまず、第一の重要な選択です。そして、その工務店が永年の経験や技術の蓄積など地域での信頼も含めて継続して培ってきたのかどうかも、信頼度が問われます。また、なかには無資格で施工実績ない名刺と広告宣伝物だけで対応している建築ブローカー(工務店紹介業)もおります。さらに、中間に業者が介在すればするほど見積もりが割高になるようなシステムのリフォーム工事会社(大手ハウスメーカー)が存在する事も否めません。結果的には3重、4重にも中間業者が介在する場合もあります。

●大手ハウスメーカーなどの宣伝内容は?・・・

 例えば、システムキッチン+システムバス+洗面化粧台+シャワートイレの4点セットを175万円(工事費込)などと短絡的に宣伝しています。しかし、これはあくまでもその設備の寸法など該当スペースに収まる事を前提に宣伝しているもので、実際にはその様に合致するスペースは、ほとんどありません。設置スペースを確保しなければ、実現できないものであり、その価格で収まる事はできないのは、明らかです。そこで、丸投げ工事・付随項目が出て割高になります。

●誠意あるリフォーム会社(工務店)なら、

 リフォームでのメリットだけでなくデメリットも考えて、工事の優先順位を説明してくれます。ご家族で話し合うだけでは思い浮かばなかった個所など、専門家ならではのアイデアやアドバイスを提案してもらうことで、より満足のいくリフォームに近づける事ができます。

●お客様のプランをより良く、実現するために

 弊社は、上記6つの選択ポイントをクリアーしていると自負しております。そしてお客様のプラン・ご要望を良くお聞きして改善策、提案をお示しご理解を得た上で、工事をさせて頂いております。

リーズナブルなお見積りです。

▼リフォーム住宅設備機器は、

リーズナブルなお見積り設定です。

玄関ドアーの取り換え

玄関ドアー取り換え

玄関ドアー(欄間なし)

玄関ドアー

玄関ドアー

高断熱樹脂サッシの取り替え
高断熱樹脂サッシの取り替え

ユニットバスの交換
ユニットバスの交換

システムキッチンの交換
システムキッチンの交換


シャワートイレの交換
シャワートイレの交換

車椅子用、洗面化粧台の交換
車椅子用、洗面化粧台の交換

洗面化粧台の交換
洗面化粧台交換の交換

ユニット階段

リフォームユニット階段

リフォーム階段

設備の設置について

玄関、親子ドアー(欄間あり) ※引き戸タイプもあります。

玄関ドアー1

玄関ドアー2

玄関ドアー3

玄関ドアー4


ほとんどのメーカーが対応可能です。

●住宅設備機器の取扱いは、ほとんどのメーカーが対応可能です。

台所・浴室は、パナソニックへタカラスタンダードへクリナップへ トイレは、TOTOへイナックスへをメインメーカーとしています。 その他、ナスラックへなども取扱いしております。
ほとんどのメーカーが対応可能です。


お住まいを点検してみましょう!

お住まいを点検してみましょう!

トータルで施工

繰り返される、ブロック塀の被害・・・過去の教訓が生かされず、

危険なブロック土留め塀

 ●先日、大阪府で地震によるブロック塀などが崩れて痛ましい、人的被害が発生しました。地震はいつ起こるのか?明日なのか?今日なのか?それとも未来永劫、発生しないのか?地震学者でも完全な予知できない現在、地震が起こって、初めて私達は、その自然エネルギーの猛威と無情さに抗う事ができません。
 今回の被害の多くは、東日本大震災以前の工事と云われています。しかし、以前にも日本は、その辛苦を経験しています。コストだけを重視して、土留め地中バットレス・塀の控え壁・鉄筋などを適用せず施工された場合、不幸にも地震による崩壊現象が起き、その結果、惨状と被害の繰り返しを余儀なくされています。現在、全国各地で特にブロック塀の総点検と見直しが改めて始まっています。(2018.6.21) ▲危険なブロック土留め状態

住宅の耐震対策についてご説明しております。

災害につながる危険な状態は、
①塀が"ぐら"ついている。
②均衡を失い、隣地へ土留めや塀が侵入している。
③土圧で通路側に押されて土留めが傾斜している。
④雨が降ると土が隣地に流れる
⑤ブロック塀に無数の亀裂が入っている

●地震を止める事は出来ません。いま、一度塀の”ぐらつき”、鉄筋や控え壁などの有無も含めてチエックをされて下さい。
トータルで施工


●お住まいの資産価値は→点検・保守で継続できます。

次世代に亘って引き継がれる住宅メンテナンスを

▼ちょっと、お住まいを点検してみましょう!

基 礎 犬走りを一廻り、基礎コンクリートにヒビが入っていませんか?
亀裂が入っていて均衡を失っていませんか?
(特にブロック塀)地震・集中豪雨による崩壊が心配されます。・・・
屋 根 秋の終りに一度は見て下さい!
スノーダクトにゴミ(枯れ葉・ビニールの袋)等が入っていませんか?
屋根の雪が落ちて隣地に迷惑をおかけした事はありませんか?。強風が吹くと屋根が揺れてトタンがめくれる?
外 壁 モルタルやサイディングに隙間はありませんか?又は破損していませんか?
土台が露出している所がある?
ドアー 引き戸やドアーがスムーズに開閉できますか?
床を歩くと、きしむ音がする。床に球を置くと一ヶ所に移動する。
ジュータンの汚れは、こちらをご覧下さい。
床 下 換気口を開けると、床下からきついカビの匂いがする?・・・その場合は、木部材の腐食が考えられます。
窓枠と外壁の間に隙間はありませんか?網戸はスムーズに良く動きますか?
水廻り 浴室のタイルは割れていませんか?・・・
内 壁 クロスに雨もれスジが出ていませんか?
各 所 カビの発生する所はありませんか?こちらをご覧ください
車 庫 大雨が降ると雨水が車庫に入ってくる
地 盤 大雨が降ると水が引かない、・・・軟弱地盤ですと液状化が危惧されます。

▲上記、 一ヶ所でも不具合がございましたら、早めにご検討をされて下さい。
特に、木部材の腐食や虫食い(シロアリ)などを、放置すると確実に被害が拡大します。

お住まいの困ったは、お気軽にご相談下さい。

お住まいの困ったは?

●お住まいで気になる個所や使い勝手での不便さを改善させたい、又はその他お住まいに関するご不明点など、どんな事でも「住まいのホームドクター」としてご相談させて頂いております。

 弊社は「新築を」と、短絡的に、お客様へお勧めしておりません。リフォームで解決できるか、どうかをあらゆる角度から綿密な調査・点検を行い結論を導き出します。

▼新築時は良しとしても・・・

時が経つと不具合個所が出てきます。

  • 「壁クロスの汚れが気になる。」「網戸の調子が悪くて、」
  • 「部屋にパーティションを。」「床をフローリングにしたい。」
  • 「室内をバリアフリー化したい。」「和室を洋室にしたい。」
    など、時が経つにつれて気になる不具合個所や部分的なリフォーム、お子様の成長やその他の事情で使い勝手が変わってきます。
    そして、リフォームをする事で今までとは違った日常生活が開始されます。・・・どんな小さな事でも弊社までご相談下さい。

▼空き家をどう活かすか?!

 ●今、全国各地で問題となっている古民家・空き家問題ですが、空き家をリフォームして付加価値を付け住居用は勿論の事、特に激増している外国人旅行者に対して宿泊施設の絶対量不足が懸念されている中で大手ホテルとは違うシンプルで宿泊費が低価な日本の在来工法住宅での宿泊体験は外国人旅行者の間で人気上昇中です。

▲上記内容は、空き家活用の一例です。その他、シェアハウス・リゾートハウス・店舗・事務所・・・etc
▼民泊事業をお考えの場合は、以下のサイトを参考までご覧下さい。
外国人旅行者宿泊先、案内サイトへ
公認民泊予約サイトへ
住宅宿泊事業法が2018年6月より施行
北海道民泊ポータルサイト(道庁)

▼違う目線のスキルで

 ●弊社は、一般工務店と違ったスキル(曳き家・嵩揚げ)で古民家、住宅狂い直しなど、数多くの施工実績を積み上げております。どの様に建造物の再生化を計るかを持っている技術でご案内させて頂きます。