ダクト点検・清掃


予 告 な く 、一 瞬 に し て 水 害 に!

●ご不安、ご要望にお応えして弊社では、

スノーダクト屋根点検・清掃業務を新たに開始しました。

北国のお住まいは厳しい気象条件下にあります。


  • 特にスノーダクト樋での雪による屋根への負荷は何トンにもなり、更に夏期での激しい高温化は劣化を進行されるものです。

  • そのため、スノーダクトドレーン越冬メンテナンスは極めて重要です。

  • 弊社はその住宅オーナー皆様のご不安を取り除き安心して春を迎えられるようにスノーダクトドレーンの点検をご案内させて頂いております。

①ドレーンが塞がれて雨漏れが発生
ドレーン雪落とし付近
満水状態だったダクトが徐々に排水されている。

②枯葉などを除去すると排水された。
ドレーン雪落とし付近
枯葉を取り除いて排水される。

●その屋根下での室内状態は・・・

    室内(各所)に雨漏れ状態が起こっています。(その他、居間・キッチンなどに及びます。)

画像の説明
クローゼット

画像の説明
押し入れ

ヒント:特に屋根スノーダクトが風による木の葉、ゴミ、が堆積し、又は鳥の糞などが付着して腐食、その事を知らずにいたら、又は、軽視しているとプール状態になり、大切な財産である住宅が一瞬にして水害となります。自然の法則とはいえ防備の手立てがありません・・・・



●ドレーン排水口がふさがれる場合は、

枯れ葉等が舞う季節には点検を!

①晩秋期、枯れ葉、ゴミ(ビニール袋)等が舞い落ちます。特に流れ落ちない頑固な鳥の糞には注意いたしましょう!

②枯れ葉・ゴミがドレーン排水口に溜り、ふさがれます。また、樋カバーが木製(スノコ)の場合は、経年劣化で腐食して木屑となっている可能性があります。そして、冬期間、雪が降雪して堆雪されると。

③その状態で放置すると春先、雪水になって排水速度が低下します。この状態で凍害を起こすと屋根鉄板がメクレたり、膨らんだりします。一度膨らんだ鉄板は元には戻らずそこから、水が逆流して雨漏れが発生します。


●特に、近隣に樹木が多く自然が豊かな所在地では、要注意です。


腐食を早期に発見して被害を食い止めましょう! (下記の画像は高圧洗浄作業後での腐食状態を確認しています。)

●雪落とし付近の腐食状態
雪落とし付近の腐食状態・・・高圧洗浄作業後

特にドレーン雪落とし付近は負荷が掛るので注意が必要です。

●症状が出ない場合も
塗料が剥離して腐食が進行しています。・・・高圧洗浄作業後

塗料が剥離して腐食が進行しています。極少であれば症状に出ない場合がありますが放置すると次第に腐食が進行拡大して大事に至ります。

●鳥の糞で腐食が進行中、
鳥の糞跡で腐食が進行・・・高圧洗浄作業後

頑固な鳥の糞などを永年にわたり放置すると科学反応を起こし腐食が進行します。

●集合煙筒と屋根トタンの境目
集合煙筒と屋根トタンが乖離、腐食しています。・・・高圧洗浄作業後

集合煙筒と屋根トタンが乖離、腐食しています。その他、屋根トタンに接続している梯子や工作物の境目にも注意が必要です。

雨漏れを発生させない事はお住まい管理のキーポイントです。



  ●スノーダクトの

点検、清掃作業をお引き受け致します。

経験と知識のある弊社係員が家主様の了解を得た上で屋根に上らさせて頂き現状をカメラ撮影などでお知らせしてその対策をご相談いたします。
●勿論、家主様が自ら屋根に上り清掃も可能です。しかし、点検などでは的確な判断に窮したり、お出来になれないご家庭もあろうかと思います。

塗装、コーキングの目安として

各 所 状 態およその耐用年数処 置
屋 根 塗 装 劣 化7〜8塗 装
外 壁 コーキング劣化 〃 充 填
窓廻り コーキング劣化 〃 充 填


スノーダクト、ドレーン点検清掃個所

点検個所

まだ、一度も屋根の点検をされていない住宅は是非この機会に点検をされますようにお勧めします。

ドレーンの清掃(高圧洗浄)作業・・・屋根鉄板の状態(塗装剥離、腐食)を確認できます。
屋根塗装の点検作業
屋根鉄板のジョイント締め具合の点検作業、
点検清掃作業の際、水道水・電気などの使用料金は家主様のご負担としてご支給をお願い致します。

外壁・窓コーキングの点検、その他、維持管理上必要と思われる点検個所は、お客様のご要望(オプション)とさせて頂きます。

今すぐ電話する

「備えあれば、憂いなし」大事になる前にお気軽に弊社へご相談下さい。ご相談はこちらから